トリニティの「Jawbone BIG JAMBOX」は、バッテリー駆動で、スピーカーフォンにもなり、迫力のある重低音サウンドが楽しめるポータブルBluetoothスピーカーだ。
 「Jawbone BIG JAMBOX」は、筐体が254×93×80mm、1,270gと、「Jawbone JAMBOX」と比較して各辺1.6倍ほど、体積比で約5.5倍の大きさとなっている。筐体が大きくなっている事で、ボリュームを最大にした時の迫力は「Jawbone JAMBOX」を凌駕していた。
 本体上部にボリュームとスキップ/バックスキップ、再生/停止ボタン、通話ボタンが、その他サイドに、電源スイッチ、ペアリングボタン、ステレオミニジャックコネクタ(LINE-IN)、Micro-USBコネクタ(充電、MyTALK用)、ACアダプタ端子が備わっている。本体底部には、インシュレータとしてゴム足が8個備わっており、安定したサウンドを実現している。その他、バッテリー残量やペアリング状態などの機器の状況を音声で通知してくれる機能(音声アナウンス)が備わっている。
 本体サイドの下部にはMicro-USBポートが設けられており、同梱のMicro-USBケーブルによる充電も可能だが、2Aなどの高出力タイプでないと、充電に時間がかかる場合がある。それ以外にACアダプタも使用することができ、常設時の電源供給やより効率の良い充電を行う事が可能。満充電の状態で最大約15時間の音楽再生が可能。Bluetooth 2.1+EDR規格で、A2DP/AVRCPプロファイルだけでなくHSP/HFPプロファイルにも対応。最大8台の機器のペアリング設定を保持でき、同時に2台の機器と接続するマルチポイントに対応。A2DP接続においても2台の同時ペアリングが可能で、最後に再生した機器の楽曲が再生される。
 初めて使用する際(ペアリング機器が無い場合)には、電源投入時に自動的にペアリングモード(電源のLEDが赤白色交互に点滅)になり、携帯電話から認識できるようになる。2台目など手動でペアリングする際には、ペアリングボタンを押してペアリングモードを起動させることができる。「Headset(iPhoneの場合)」と表示されている機器名が「BIG JAMBOX by Jawbone」となると同時に自動的にペアリングを開始する。パスキー(PINコード)を入力する画面になった場合には、「0000」を入力すれば登録される。iPhoneのメニュー画面にデバイスのバッテリーインジケーターが表示されるようになっているのも便利だ。
 Bluetooth接続時は、iPhoneやiPadなどの音楽再生、ゲーム、ムービーなど、外部スピーカーとして迫力のあるサウンドを楽しむことができる。その他、同梱されている90cmのミニステレオケーブルでiPodなどのオーディオデバイスを接続して、外部スピーカー として使用することも可能。またプレゼンテーションでのムービー再生など、PCのスピーカーでは音量が不足するような状況において威力を発揮するだろう。また、BIG JAMBOXには、通話用のマイクも内蔵しており、再生ボタンで着信、スピーカフォンとして電話会議のように使用する事も可能だ。
 +とーボタンを同時に押すと、LiveAudio機能がONになる。音量や低音強調などの部分で最大値が低くなるが、ライブ会場にいるような臨場感あふれるサウンド効果を得る事が可能。好みにもよるが、標準状態では低音が強調されがちなので、常にLiveAudioをONにしておく事で、中・高音域も存分に味わいたい人にとって好ましいセッティングとなるだろう。また、エージング(大音響で様々なジャンルの曲を長時間再生してスピーカを慣らす)を行うと、短期間で最適な再生環境を構築する事が出来るので、興味のある人は試してもらいたい。
 本製品も「MyTALK」対応。Jawboneの公式サイト内の「MyTALKページ」にアクセスし、アカウントを作成すると、ファームウェアの更新や、アプリケーションをインストールするなどカスタマイズすることができる。初期状態ではJAMBOXの音声案内は英語だが、「MyTALK」で日本語のファームウェアをダウンロードすると音声アナウンスの言語を日本語に変更することができる他、クリスマスやバレンタインなど季節毎のカスタム音声や、イメージキャラクターボイス(英語)に変更するなど楽しむことができる。
 価格はオープンプライスで、直販価格が29,800円。バリエーションは「グラファイトヘックス」「ホワイトウェーブ」「レッドドット」の3種。どれもカラーリングとパンチメッシュのデザインが似合っている。自宅やオフィスなどにてメインのスピーカーとして使用する場合においても、音質、ボリュームともに十分な性能を発揮してくれる。(iPod Style 戸津)
[PR]
# by karedan | 2012-08-08 17:50


 パナソニックは、アジア進出企業向けモバイルノートPC「Let'snote アジアモデル SX2シリーズ」を9月13日より企業向けに発売する。価格はオープンプライス。
 アジアに拠点を持つ企業の現地社員向けに設計されたLet'snote SX2シリーズ。各国の法規制に対応し、無線LAN、Bluetooth、3Gの通信モジュールが各国で利用可能なほか、現地で購入でき、サポートが受けられる。BTOでは現地対応のACコードを同梱し、キーボードは日本語、英語、繁体字(台湾向けのみ)を選択可能で、神戸工場でマスターを個別設定する。
 対象国・地域は、日本、中国、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア。フィリピンとベトナムでは購入はできないが、無線の使用は可能で、2013年度からサポートも開始予定としている。
 基本性能は現行のLet'snote SX2シリーズに準拠。76cm落下試験や100kgfの加圧振動試験を実施した堅牢性や、第3世代Coreプロセッサー・ファミリーを継承。OSはWindows 7 Professionalで、初回起動時に35言語から選択できる。
 主な仕様は、Core i5-3320M(2.60GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB(最大8GB)、HDD 250GB、Intel QM77 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、1,600×900ドット表示対応12.1型ワイド液晶を搭載。
 インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0×1、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDXCカードスロット、720p対応Webカメラ、音声入出力などを備える。3GモデルはSIMロックフリーのワイヤレスWANを内蔵する。
 バッテリは9時間駆動の「バッテリーパック(S)」、18時間駆動の「バッテリーパック(L)」を選択可能。
 本体サイズは295×197.5〜216.2×25.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.21kg〜1.43kg。
[PR]
# by karedan | 2012-08-08 14:28


“感性のラッパー”と呼ばれる韓国のラッパーVerbal Jintがデビュー以来、初めて地上波ドラマのオリジナル・サウンド・トラック(OST)アルバムに参加したことがわかった。
 6日、OST制作会社によるとVerbal Jintはイ・ソンギュン、ファン・ジョンウム主演のMBC「ゴールデンタイム」のOST曲「弱い人」を歌ったという。
 この日、オンラインに公開された「弱い人」はVerbal Jintの自作曲で、ヒップホップのドラムビートにR&B要素が加えられた。
 所属事務所の関係者は「Verbal Jintがヒップホップビートに感性的なメロディをのせて、独特な雰囲気に仕上げた」とし「グループ『BNR』のメンバーであり、ラッパーのホ・インチャンが作詞とラップに参加している」と説明した。
[PR]
# by karedan | 2012-08-08 09:51


現行の iOS デバイスには、30ピンの Dock コネクタが搭載されている。Apple が新型 iPhone(iPhone 5?)でこれを小型の「micro Dock」コネクタに変更するのではないか、といううわさは今年2月に初めて登場し、その後これを裏付ける写真などがリークされてきた。
だが最新の情報によれば、Apple は 新型 iPhone だけでなく、すべての iOS 製品の Dock コネクタを micro Dock に変更するつもりのようだ。米国ブログメディア iMore が伝えている。
iMore によれば、Apple は新型 iPhone だけでなく、iPod nano、iPod touch、iPad mini にも micro Dock を搭載するという。この変更は、今年3月に発表されたばかりの 新型 iPad も対象となっており、今秋以降出荷される iPad については、Dock コネクタが micro Dock に変更されたものになる可能性が高い。iMore はこの情報を、2月に micro Dock コネクタについての情報を入手した際と同じソースから得たとしている。
iMore は、Apple が micro Dock コネクタで従来の iOS アクセサリーを利用可能にする変換アダプタを提供予定であるとも伝えている。このアダプタが製品付属になるのか、それとも別売になるのかについては、現時点では不明だということだ。
[PR]
# by karedan | 2012-08-08 06:45


Xperia GX/SXの“ここ”が知りたい:
 「Xperia GX SO-04D」と「Xperia SX SO-05D」は国内のXperiaでは初めてLTE(Xi)に対応したモデル。Xiは一部の屋内は下り最大75Mbps、上り最大35Mbps、屋外では下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbpsの通信速度を実現するが、実際のところどれだけ速いのか。都内3箇所で試してみた。また参考までに、Xiには対応しないが下り最大14Mbps、上り最大5.7MbpsのFOMAハイスピードをサポートする「Xperia NX SO-02D」でも、同じ場所で速度を計った。
 計測した場所と日時は7月12日19時ごろの+D Mobile編集部(東京都港区赤坂の屋内)で、7月13日8時30分ごろの東京都江東区の屋内、7月13日14時ごろのJR品川駅前(屋外)。いずれの場所もLTE圏内だ。測定には「Speedtest.net」アプリを使用し、5回計測して平均値を出した。
 +D Mobile編集部での下りの平均速度はXperia GXが5.086Mbps、Xperia SXが5.06Mbps、Xperia NXが3.358Mbpsで、GXとSXの方が速いものの、それほど大きな差は出なかった。逆に上りの平均速度はGXの0.392Mbps、SXの0.666Mbpsに対してNXが1.862Mbpsという意外な結果になった。江東区の屋内でも、3機種とも下りが3〜4Mbps、上りが0.2〜0.3Mbpsで大きな差はつかなかった。それほど混雑している環境ではなかったが、屋内だとLTEの電波が届きにくくなってしまうためか、GX/SXで10Mbps以上を記録することはほとんどなかった。現在、800MHz帯/2GHz帯などを使用するFOMAに対し、Xiでは2GHz帯のみを使用していることも影響しているのかもしれない。ただしネットワークの接続を確認するPINGの値は、NXは1000msを超えることが多かったが、GX/SXはほぼ100ms未満か、大きくても100ms台後半だったので、通信の応答速度はGX/SXの方が優れている。
 最後に測定した品川駅は、今回の中では最も混雑している場所だ。下りの平均速度はXperia GXが9.244Mbps、Xperia SXが10.534Mbps、Xperia NXが2.018Mbpsで、こちらはXi端末が実力を発揮した。上りもGXが2.374Mbps、SXが1.478Mbps、NXが0.354だった。3Gは都内の混雑した場所などでつながりにくくなることがあり、比較的利用者が少ないXiに有利に働いたとみられる。PINGもNXは1500ms前後だったが、GX/SXはここでも100ms未満だった。
※「Xperia GX SO-04D」「Xperia SX SO-05D」は試作機で検証しています。
[田中聡,ITmedia]
[PR]
# by karedan | 2012-08-08 03:46